川崎ロック座  [過去の書き込み]

投稿者   メール
題 名
内 容 自動スペース&自動改行 入力した通りに表示
   
リンク

[利用の手引きを読む]    削除キー (記事削除時に使用)

書き込む前に必ず[利用の手引き]を読んで書き込み内容を確認して下さい。
■投稿時には記事削除時に使う削除キー(パスワード)を設定して下さい。記事の削除方法はこのページの一番下をご覧下さい。

    
  [HOME]                                               [HOME]

3/17

2018年3月17日(土)イベントがあるというので再び川崎Rに行きました。激混みでラストまで立ち見でした。以下、みおり舞さんの3回目と4回目を
簡単に。

3回目「ボレロ」
静寂の中、ラベルのボレロがかすかに流れてきます。
照明がつくとみおり舞さん
本舞台中央で正面を向いてまっすぐ立っています。3日前に見たとおりだ、と思っていると今回は腰に金色の細いレースのようなものを巻いているだけで全
裸。それだけで既に神聖な、完成した美しさ。 
そして始まります。うそーっ! 同じ動きのはずなのに全然違います。
マンダラ世界のような、というか、神が乗り移ったような、というか、
男性・女性・肌の色を問わず多くの舞踊家がチャレンジしているボレロですが
このボレロは、それらすべてを収斂させたような。
全裸だが全裸であることを忘れさせ、虚飾の全くない 
踊りそのもの、イデア界の踊りのような。 自分でも言っている意味がわからない。(^^;
曲が最高潮に達すると踊りも超絶技巧になりますが、その超絶技巧をも忘れさせるような。
大変なものを見てしまった。
曲は終盤に向かいます。
踊りながら本舞台に下がって行って、そこでクルクルクルッと回って終わり、暗転。
一瞬の後、客席あちこちからブラヴォー!ブラヴォー!ブラヴォー!いつまでも続きます。
ストリップではまずないことです。
そんなふうにして終わります。

そのあとトリプル・ポラ。それが終わるとフィナーレ。
踊り子さん全員が順番に出てきます。さすがに華やか。
合ポラはなく、フィナーレが終わり、カーテンが閉まります。イベントの準備をしているようです。
ここで客席に乾杯用の缶のお茶とクラッカーが配られます。すこしして
カーテンが開くと、本舞台に置かれたテーブルにケーキとろうそくとグラスが載っていて、踊り子さんたちが集まっています。そして武藤つぐみさんの司会で
みおり舞さんの2周年イベントが始まります。
ケーキにろうそくで乾杯!
そして花束贈呈。おおぜいのファンたちから贈り物も。
そして共演の踊り子さんたち一人一人が祝福のメッセージ
「いっしょに出られてうれしいです」「舞ねえさんの踊りは次元が違うと思いました」
「ねえさんの自由なところにあこがれます」
「初対面の時はこわい子やなーって思ったんですが、今では仲良しです」などなど
最後に武藤つぐみさんが得意の英語で
「コングラチュレーション…マイ・エヴリデイ・イズ・ハッピー・ビコーズ・ミオリマイ・ソバニイルカラ。レッツゴー」
などなど。心のこもったメッセージでした。
最後にみおり舞さんにスピーチが求められます。
舞さん「ありがとうございました。これからもマイペースでがんばります。
みなさんついてきて下さい」名セリフ。拍手。
このあとプレゼントコーナーということで
劇場招待券をお客の5名にプレゼント、じゃんけんで勝ち残った5人がゲット。拍手。
そんなふうに盛り上がってイベントが終わる間際に
武藤さんが舞さんの後頭部に手をあて、顔をケーキに、ぐちゃ。 あ、
休憩時間になります。
5分ほどして4回目がスタート。場内は満席のまま。
……(中略)……
武藤つぐみさんのオープンが終わり,暗転。10:45頃
舞台にギター、アコーディオン、パーカッションの男性ミュージシャンが3人出てきて生演奏がスタート。
そしてみおり舞さんのダンスで「アイリッシュの恋占い」
やはり生演奏は違いますね。乗り乗りのダンス。手拍子。
楽しく終わるとポラショー。
長い行列ができます。この間も生演奏は続きます。
見学していた踊り子さんたちも客席で曲に合わせて踊ったり、お客も踊ったりと場内カオスに。いつからいたのか、南まゆさんも来て「しこたまガールズ」が
そろいました。
ポラは延々と続いています。なおポラプレに武藤つぐみさんデザインの、みおり舞さんの似顔絵が描かれたクッキーをもらいました。
ラストまでいたかったのですが、私はここで劇場を出ました。11:25頃。
この後はオープンショーで盛り上がったことでしょう。
(注)「文學界」5月号(税込970円)p234〜235に九龍ジョー氏による「若き藝能者たち
第31回 ストリップ小屋の厳かな静寂ーみおり舞、武藤つぐみ」という記事があって当日のことが書かれています。

[HOME] 投稿日 5月6日(日)13時08分 投稿者 見物人   削除


3/14

2018年3月14日(水)川崎Rに行って2回目の途中から見ました。以下、周年の踊り子さんを中心に、覚えている範囲で簡単に。(記述の長短は演目の
良しあしとは関係ありません)

1牧野れいなさん。奇数回は和傘に和風ドレスでパワフルな踊り。「飾りじゃない○よ涙は」が合っていました。偶数回は黒い帽子にグレーのコートで
「CAT'S E○E」に乗ってかっこよくダンス。                                    
2平野愛さん。色白で茶金髪。白いふんわりドレスでかわいく踊ります。きれいなパイ○ン。
3雨宮衣織さん。偶数回と奇数回で曲と衣裳はちがっていたと思いますが、ともに大人の雰囲気で、ちょっとアンニュイに。
4倖田李梨さん。
偶数回は「BASHMENT」:赤いスラックスに白いTシャツで登場、ラップに乗ってボーイッシュに踊ります。2曲目では缶ビールを持ってお客と順に乾
杯していきます。独特のリズム感のステージでした。なおbashmentとはどんちゃん騒ぎのことだそうです。
奇数回は「愛for愛」:暗い中、裸で出てきてうずくまった所からスタート。照明がつくとゆっくり起き上がり、ものうげな表情。そして踊りながら衣裳を
つけていきます。「逆転ストリップ」ですが、テーマはあくまで愛。ラストは明るい笑顔で。
5武藤つぐみさん。
偶数回:虫取り網を持って客席から登場。昆虫採集の少年のようです。あの夏。やがて「さとうき○畑」のインストルメンタルが静かに流れます。戦争で一番
犠牲になるのは子供たち…。そして本舞台で純白のシルクでエアリアル。少年の魂のように。(ジェフ・バックリィだったかしら)ハレルヤの声がいつまでも
耳に残りました。
奇数回:暗い中、舞台に置かれたランタンの明かりだけで静かに始まります。やがて丸盆に出てくると、荘厳な音楽に乗って回転していきます。天上からの光
に感応するように。
6みおり舞さん。
2回目「ボレロ」
暗転の中、演奏会の始まる前のチューニングのような音が流れ、すぐ収まります。
そしてラベルのボレロが静かに流れてきます。照明がつくとみおり舞さん
本舞台中央で正面を向いてまっすぐ立っています。腰に簡単な白い裳のようなものをつけただけでトップレス。無表情というか喜怒哀楽を超えた表情。場内は
水を打ったように。そして
ゆっくり右手を挙げ、ゆっくり下ろします。
今度はゆっくり左手を挙げ、またゆっくり下ろします。
私はなぜか興福寺の阿修羅像を思い出しました。
そんなふうに始まります。
曲がすこしづつ大きくなり、それにつれて
動きも大きくなり、踊りながらすこしづつ前に出てきます。
曲が最高潮になると、裳は脱ぎ捨てダイナミックにかつ
超絶技巧で踊ります。観客は魅せられて動けなくなります。
Y字バランス、片手片足立ち、あるいは跳んだり、寝そべったり。
そして踊りながら本舞台にもどっていくと
クルクルッと回転して終わります。拍手とブラヴォー!の声。暗転。
すぐオープン。「ロックンオム○ツ」が流れ
法被をはおって笑顔で出てきてちょっとコミカルに踊ります。手拍子。
ここで差し入れを渡す人も。そんなふうにして明るく盛り上がって終わります。
3回目「アイリッシュの恋占い」
ヨーロッパの民族音楽的な曲が流れ、みおり舞さん
(たぶん)アイルランドの衣裳で笑顔でタンバリンを持ってステップをきかせて踊ります。今日は収穫祭か。
やがて麦の穂の束から1本抜いて耳元で振ってみます。(良い音がしたら恋が実る?)
しかし首を振っています。良い音がしないようです。
何度やってもダメ。ついに麦の穂を投げ捨て、腕を組んでふくれっつら。これが可愛い(^^)
そして、私には踊りがあるもん、と言うように思いっきりダンス。
足を高く蹴りあげてタンバを鳴らしたり。拍手・手拍子。
一頻り踊り回って本舞台にもどると、さっき投げ捨てた麦の穂に気づき、拾い上げて
何気なく耳元で振ってみます。ここでパッと頬が紅潮して、暗転。拍手。
4回目「牧神の午後〜ニジンスキーに捧ぐ」
(注)ヴァーツラフ・ニジンスキー(1890〜1950)ロシアの男性バレエダンサーで振付師。斬新でエロチックな振り付けで賛否両論あったが、多くの
アーチストに影響を与えた。
暗転の中、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」が流れ、
幕が開くと古代ギリシアを思わせるような舞台に、上手と下手に2つの椅子が少し離れて向き合うように置かれ、その上手の椅子に白い薄衣をまとった美しい
ニンフのみおり舞さんが掛けています。
少しして立ち上がると下手の椅子に移りますが、体の右半分に獣を思わせる茶色のペインティング。
(体の右側と左側でメークを変えて演じわけているようです)
そして男っぽく座り直して、このあと牧神(半人半獣の神)の妄想になっていきます。
丸盆に出てきてニンフの残した薄衣にほおずりしたり、オナニーショーになったり。
やがて本舞台にもどると、擬似せっくす。カーテンで半分かくしているので更に想像をかき立てられます。
このあとよく覚えていませんが、2曲目がバッハのフランス組曲第4番のアルマンドだったと思います。
3曲目はストラビンスキーの「春の祭典」の終曲「生贄(いけにえ)の踊り」
生贄にされる者の不安と恐怖を、もがき、あがき、のたうつような踊りで表していきます。やがてカーテンの隙き間に〜この奥は死の世界か〜引きずり込まれ
るように消えていきます。暗転。拍手。
ポラショーの時にご本人に尋ねたら、選曲はオリジナルだそうです。「牧神…」だけだと時間が余るからだとか。
オープンではまだ体中に絵の具がついたまま踊り、これがシュール。盛り上がって終わります。10:45。
なお17日はイベントだそうです。

[HOME] 投稿日 5月6日(日)13時04分 投稿者 見物人   削除


3中レポ

「2周年ありがとうございました!たくさんの方々に見ていただき業ですがまた戻りますので気長に待っていてください」と舞ちゃん

#牧野れいな
#平野愛
#雨宮伊織
#倖田李梨
#武藤つぐみ
#みおり舞

http://wwr2.ucom.ne.jp/internet/tim/report576.htm

[HOME] 投稿日 3月26日(月)00時21分 投稿者 Tim   削除


訂正

×内臓型
○内蔵型

失礼しましたm(_ _)m

[HOME] 投稿日 7月11日(火)16時20分 投稿者 くるりん   削除


川崎ロック座 20170526 (1st)(2nd)(3rd)stage -outline- (3/3)

[豊田せりかさん]
(2nd)白シャツ&黒タキシードを背もたれに掛けた椅子を背景に‥オレンジレッド×紺のチェック柄トップス&オレンジ色のミニスカート→白×ブルーのタイトなトップス&白いミニスカートに身を包み、目深に被った制帽で表情を隠しつつ床から拾い上げたトランペットを吹きまくるエア演奏→オレンジレッドのショートガウンを纏っての盆入り→超ハイスパートなダンスベッドへ‥と、観客に息つく暇を与えない「イッツ・エンターテインメント!」な演目。中でも片膝をついた前傾姿勢‥から反対側の脚を突き上げる「山」の字やスタンディングからの前傾&後方高く蹴り上げる片脚で描く「人」の字。更にK‥から伸ばした脚を胸元にグッと引き付けて深〜い腰上げLに繋げる連続ポーズは絶品。最後はオレンジレッドのショートガウンの上に椅子からピックアップした黒いタキシードを羽織ってトランペットを持ち、本舞台に還って雰囲気たっぷりの終幕‥となる。

[赤西涼さん]
(1st)パステルカラーの着物ドレスにシルバーの帯を前結び。枝先に固まって咲く3〜4色の紫陽花を携えて始まるステージは以前浜劇で見た‥カラフルな衣装の脱ぎで魅せる演目の川崎ロックver.なのかな。ステージはこの後ピンクの襦袢→柄入りシースルーの衣装で盆入り→クラシカルな佳曲に合わせてゆったりめにポーズを切るベッドショーへ。久しぶりに見る彼女は髪型があすかみみさん風?ショートボブ、表情もぐっと大人っぽくなっていて、すわイメチェン?かと思いきや‥ふとした拍子に見せる笑顔が人懐っこい「いつもの」りょん姐さん。休業に伴う「空白の時間」を微塵も感じさせない、ハートフル&安定感のあるステージで魅せてくれた。
(2nd)オレンジ〜グリーン〜ブルー‥のグラデーションが美しいパステルシースルーの衣装に身を包み、棒内臓型?のイシスウィングを揺らめかせて優雅に舞う一曲目‥から眼前に掲げたオレンジシースルーの布越しに着替えて胸ぐりの大きな白いトップス&チェックのミニスカート姿になり、更にそれを脱いで黒のブラ&Tバックでの盆入り→ベッドショーへ。ライムグリーンの色鮮やかなクッションが印象的な‥背もたれの無い木の椅子を援用してのポーズベッドは、背もたれが無い事で客席からの見晴らしの良さ、演者にとっては動きの自在さがそれぞれ担保され、伸びやかで美しい仕上がりになっている。

[HOME] 投稿日 7月11日(火)15時00分 投稿者 くるりん   削除


川崎ロック座 20170526 (1st)(2nd)(3rd)stage -outline- (2/3)

[清水愛さん]
(2nd)本舞台への視界を遮るカーテンが左右に退くと黒×ピンク×オレンジ×白の段々フリルのスカート部分が印象的なロングドレス‥の上にショート丈の黒いマントを羽織り、フードを頭からすっぽり。更にオペラ座の怪人風?白い目抜きマスクで顔を覆い隠してステージに立っている。ここから諸々のアイテムを外しつつステージ狭しと展開するコンテンポラリー・ダンス→黒のブラトップ&ショートパンツ&レッグカバー姿へとシフト→暗転前に胸に抱えていた白いドレスに着替えて再登場し、ベッドショーへ‥という流れ。朗々と歌い上げられる「エンドレス・レイン」に乗せた荘厳なベッドから毛繕いのミニマムな舞いに繋げ、最後は身を翻して見得を切り‥本舞台でフィニッシュ!

[桃瀬れなさん]
(1st)閉ざされたカーテンの合わせ目から濃淡二色‥パープルの紫陽花を突き出してスタンバイ→やがて幕が開くと和装×シースルーの黒いベールを被った姿で佇んでいる。まず黒シースルーのベール‥次いで黒×朱色の打掛→黒×オレンジ×シルバーの帯→ライムグリーンの帯揚げ→ブルー×白の着物ドレスの順に脱衣してゆき、ポーズベッドで二曲‥からハードなダンスベッドで締める構成。三味線をフィーチャーした‥所謂「和ロック」とビジュアル系の曲を交互に使い、激しく踊りまくる独自の世界観でたっぷり魅せて後、本舞台で膝をつき、背中を反らすスタイリッシュな決めポーズでの終幕‥となる。
(2nd)以前DXKでも観劇した‥ステージ最後に紙飛行機を飛ばす演目。ポラタイムも含め、観客を巻き込んで盛り上げるのが本当に上手い。客席が「良く見えて」いるんだと思う。

[豊田せりかさん]
(1st)以前DXKでも観劇した和装×TUBEな演目。衣装等に若干の変更があったのだろうか‥この日は青×シルバーの着物にピンクの帯&朱色の帯締め&白足袋でのスタートとなる。途中‥盆で衣装をはだけ、ピンクの帯を解いて花道へ放り、自らクルクル廻って本舞台に至る「セルフお代官脱ぎ」や、そこから帯を手繰りつつ花道を進んで回収し、右袖に下がる一連の優美な動きで魅せると、ピンクシースルーの襦袢をはだけながらオルゴール曲に乗せて盆入り→ベッドショーへ。途中の花道でピックアップした二本の白い薔薇を掲げながら「ラブストーリー‥最後は君と」な曲でしっとり纏め上げてステージを締め括る。

[HOME] 投稿日 7月2日(日)01時00分 投稿者 くるりん   削除


川崎ロック座 20170526 (1st)(2nd)(3rd)stage -outline- (1/3)

[西園寺瞳さん]
(1st)(3rd)この日の観劇は彼女のステージ途中から。百合の花を模したコサージュと簪で髪を飾り、盆上でパールピンクの襦袢をはだけ、オレンジ色の下穿きを脱いでしっとりと。静かな曲に情念を込めて演じるベッドは基本ノーポーズで‥ぐぐっとタメを作ってじっくり伸び上がる動きが美しかった。
(2nd)ピンク色でくしゅくしゅフリルのドーム型スカートが印象的なロングドレスでステージ中央‥後ろ前に設えられた椅子の座面にしゃがみ込み‥たっぷりした身頃のスカート部分が椅子全体を覆う様な体勢でスタンバイしている。椅子には大振りなグリーンの布が掛けられていて、客席側を向いた背もたれ部分に百合とハルジオン‥二つの白く大きな花弁が並ぶ。「花の精」をモチーフにした?終始エレガントで可愛らしいステージは、この後オレンジスパンコール×フリンジのセパレーツ→紫シースルーのドレスへと色鮮やかに変遷し、本舞台でフィニッシュ!

[英※里さん]
(1st)(2nd)(3rd)淡いパープルのミニワンピースで二曲→パープル×裾に刺繍をあしらったスリップミニドレスで二曲‥という構成をとる。ムッチリ健康的なボディを弾ませてアイドルダンスを決める一曲目→ディーバ系の女性ボーカルに乗せて雰囲気たっぷりに舞う二曲目‥と続き、この演目中最大の「魅せ場」となる三曲目へ。「醜い女の子」がモチーフの‥ちょっと暗めな曲に乗せて披露されるコンテンポラリー・ダンスは「今はこれが精一杯だけど‥いつか」的なメッセージが込められた‥力強く、かつ伸びやかなもの。続くポーズベッドに、デビュー間もない新人さんらしい若干の拙さは感じられたけれど、それを補って余りある「熱い」ステージで魅せてくれた。

[清水愛さん]
(1st)漫画「デスノート」的な世界観で編み上げられたこの演目は‥本舞台の椅子の上から盆に向けてノートを放ったり、何か書き付けようとして思いとどまったり。かと思えばそこから唐突にポーズを切ってみたり、カーテンの隙間から差し出して揺らめかせたり‥とノートを上手く使った象徴的な演出で目を惹く。また、椅子に後ろ前に座り、上体の動きのみで魅せるコンテンポラリー・ダンス、初速<終速で独特のキレを生む高速ターン、照明のon⇔offで少しずつ衣装を変えるなど非常に完成度が高く、稀有な踊り子=清水愛のエッセンスがギュギュッと「凝縮」されている。

[HOME] 投稿日 6月27日(火)02時10分 投稿者 くるりん   削除


パイ◯ン奉行さんへ

香盤情報によると、徳永しおりさんはこのあと3中は大阪東洋ショー、4頭・中は浅草ロック座だとか。
川崎にもまた来てほしいですね。(^^)

[HOME] 投稿日 3月2日(木)19時18分 投稿者 見物人   削除


レポありがとうございます

徳永しおりさんはイメージビデオを見たことがあります。
ちょっと興味があるので川崎に行ってみようかな。

[HOME] 投稿日 3月1日(水)23時41分 投稿者 パイ◯ン奉行   削除


2/28

2017年2月28日(火)行ってきました。以下、見た回だけの超々簡単レポです。
1秋月穂乃果さん。天井から下がった布を使って、天空を行くようなスケール感のある
ステージでした。ダンスショーの後、大きな脚立を持ってきて片付けている姿がなんかけなげ。
2聖京香さん。白い帽子に白いスーツでかっこよく登場。男には表せない男の色気、そしてもちろん女の色気もいっぱいでした。横浜ホンキー○ンク・ブルースも出てきてなつかしい。
3空まことさん。オレンジ色のドレスで登場、南国的な明るく楽しいステージでした。
4桃瀬れなさん。舞台に大きな桜の花木を置いて、桜に関する歌に乗って春を告げるような踊りでした。着物姿がかわいい!
5倖田李梨さん。野球帽をかぶってボーイッシュに登場。ラップをバックに、等身大の女子の本音をぶつけてくるような乗り乗りのステージでした。
6徳永しおりさん。長身を生かしたセクシーでエレガントなダンスでした。(1番さん4番さんと同じく)きれいなパイ○ン。

[HOME] 投稿日 3月1日(水)11時01分 投稿者 見物人   削除


削除キー 新着順 1 - 10
最大記録件数 100

■削除は、[削除]欄をチェックして、投稿時に設定した削除キーをすぐ上の欄に入力してボタンを押します.
■削除キーが合致しない記事は削除されません.

MiniBBS v8.2 is Free.

Modified by SWEET.