池袋ミカド  [過去の書き込み]

投稿者   メール
題 名
内 容 自動スペース&自動改行 入力した通りに表示
   
リンク

[利用の手引きを読む]    削除キー (記事削除時に使用)

書き込む前に必ず[利用の手引き]を読んで書き込み内容を確認して下さい。
■投稿時には記事削除時に使う削除キー(パスワード)を設定して下さい。記事の削除方法はこのページの一番下をご覧下さい。

    
  [HOME]                                               [HOME]

池袋ミカド劇場 20190430 (timeline)(2/2)

B園田しほりさん(4th)
グレーのカーディガンに白いシャツ、チェックのスカートにルーズソックス。ツインテール風のヘアスタイルで90年代のJKに扮して踊るこの演目は、GO⇔STOPのメリハリが効いた小気味良いダンス→手話の様にも見えるメッセージ性を感じる柔らかな舞い→全方位に向けて切り返し、全ての観客にまんべんなく魅せてくれるポーズベッド‥など良い意味で彼女らしい、しほりんテイスト全開のステージに仕上がっている。

C青山ゆいさん(4th)
赤×オレンジ×イエロー×グリーンで華やかなメタリックカラーのロングドレス‥からスカート部分を外してミニドレス→更にこれを脱いで黒のブラ&Tバック姿になり、最後は黒レースのキャミソールを万歳の体勢からストン‥と落として身に纏い、デベソにin→ベッドショーへ。豊富な運動量でキレッキレのダンスパート‥だけでなく、ベッドショーでも情感にあふれたノーポーズ→切り返しを重ねて5連続ポーズベッドを決める等、終始パワフルに昇り詰める圧巻のステージで魅せてくれた。

D南美光さん(4th)
前身頃にピンクのコサージュをあしらったイエローのキャミソールロングドレス→ピンクシースルーのバニーor女盗賊?風の衣装で椅子を絡めたコミカルなダンス→白のキャミソールロングドレスで爽やかな舞い‥からベッドショーへ繋げる演目。いつもながらの濃厚なオナBの後、ふと我に還り、私‥何をしていたの?的な表情をする所が個人的にツボでした(^^)。ラストはノリノリのダンスベッドでフィニッシュ!

E春野いちじくさん(4th)
フリフリピンクのミニドレス×♪チョコレイト・ディスコで始まる演目は、ここから少しずつ脱いでいって白いブラ×フルバックパンティ×ニーハイの網タイツ姿になるのだけれど、その完成度の高さたるや、まさに「眼福」。シンプルな下着姿でこれほど萌えさせる踊り子さんは中々いないと思う。サブカル×アングラな三回目のステージの後にこの作品を観ると、その可愛らしさ、演目の清涼感がより際立って感じられた。

[HOME] 投稿日 5月23日(木)12時05分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190430 (timeline)(1/2)

C青山ゆいさん(3rd)
ブラトップ&シースルー素材のシャギースカートで披露されるバレエ×コンテンポラリーなダンスは、軸のブレない高速ターンの連続技が秀逸だった。初速と終速を違えているのか、ひと回転ごとにタメを作っているのか「クンッ‥クンッ‥クンッ‥」とリズミカルにターンを連ねて滑る様に横移動するムーヴはまさに絶品。ストリップ・ダンサー=青山ゆいの魅力が凝縮された「とびっきりの一瞬」だと思う。

D南美光さん(3rd)
燃える様なオレンジレッドのドレスでスタートし、中盤〜後半にかけて扇子から伸びるオレンジシースルーの長い布を靡かせて舞い、そこから濃厚なオナBへと展開してゆく演目。激しく‥かつ艶やかに振り廻されるオレンジ色の布が、特濃オナBに没入する彼女の内側で燃え盛る情念の炎の様に思えて興味深かった。

E春野いちじくさん(3rd)
踊っている様にも、ただ揺れ動き、彷徨っている様にも見える「アングラ×サブカル×美少女」な演目。正直分かりにくく、取っつき難い。この独特な世界観を「春野いちじく」という強力なマスターピースひとつで強引に成立させてしまっている‥という意味では、極めて稀有な作品といえるかも知れない。

@さつき楓さん(4th)
謝恩会風の袴スタイルに朱色の和傘を携え、桜尽くしの選曲で踊る演目。大柄でステージ映えする身体つき‥なのに所作は丁寧で細やか。ポラタイムでの客対応もこなれていて、良い意味で優等生的な安心感のある踊り子さんだと思う。

A栗鳥巣さん(4th)
ふたつ重ねて凸型にした段ボール箱を頭からスッポリ被り、そこから手足を突き出して謎のロボット?に扮した栗さんが演じるピエールな演目。ピエール氏の顔写真が貼られたロボットはステージに撒いた白いゴミを口元から延ばした掃除機のノズルで吸ってみたり、客席にずかずかと踏み込んで依存症予防センターの案内が書かれた小さな紙片を配ってみたり、腹筋オープンでも使われた富士山♪な曲でパフォーマンスしたり‥と、やりたい放題。ギミック満載‥タブーなき時事ネタテロリスト=栗さんの超絶エンターテイメントに圧倒される。

[HOME] 投稿日 5月19日(日)15時50分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190405 (timeline)(2/2)

A黒瀬あんじゅさん(4th)
チュチュを連想させるエメラルドグリーンの衣装でしっとりバレエ風ムーヴ‥からパッションイエローのブラ&パンティでアクティブに舞い、途中、ピンクシースルーのミニドレス×白い羽根扇子でのパフォーマンスに繋げてゆく演目。ステージの前半〜中盤〜後半のそれぞれにエアリアルを入れる贅沢な構成で、リング上端を掴むムーヴの多い前半→下端を掴む中盤→回転系の技を多用する後半‥と多彩な展開で魅せる。

B蘭あきらさん(4th)
本舞台に横たわって始まる仔猫コスの演目は、途中、ピンクのミニドレスからウェストの黒ビスチェを外してセパレーツに。小柄だけどエナジー満タンで溌剌と踊る姿が可愛らしく、ステージを締める終盤のポーズベッドもビシバシ決めていた。

D上野綾さん(4th)
ウサ耳×黒髪ロング×チャイナ風ミニドレス×オレンジの傘でひたすらハードに踊り倒す「ザ・上野綾」な演目。最初から全開で飛ばしまくり、流石に疲れているであろう後半に、敢えて超高速で切り返してからピタリと静止するポーズベッドや、畳んだ傘をクルクル廻すバトントワリングを入れて来る等、最後まで一気呵成に駆け抜けるその力技に、ただただ圧倒される。

E水元ゆうなさん(4th)
オレンジ×ブルーの着物にメタリックグリーンの帯で始まる和テイストな演目。途中‥夜桜お七?の間だけで2〜3回衣装を替え、最終的にはオレンジレッドの襦袢でデベソにin→ベッドショーへ。叙情的で力強い男性ボーカル曲に乗せて披露されるベッドは、衣装の一部を捧げ持つ様な振りが随所に見られ、ストリップらしからぬ厳粛な雰囲気。しっとり演じる彼女の姿が神々しく感じられた。

[HOME] 投稿日 5月5日(日)23時00分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190405 (timeline)(1/2)

B蘭あきらさん(3rd)
本舞台右側の椅子に脱いだ衣装を掛けたり、次の衣装をピックアップしたり、ステージラストも本舞台中央に設え直した椅子に横座りしてからミニマムに舞い収める等、椅子をバイプレイヤー的に上手く使う演目を披露。

C松本ななさん(3rd)(4th)
パステルブルーでフリフリレースのロングドレス→メリハリの効いた濃いブルーのトップス&ミニスカート→これを脱いで片脚にブルー系の紐を巻き付け、白シースルーの布をスカート風に纏い、アンブレラを手にステージを練り歩いてデベソにin→ベッドショーへ。曲のサビに合わせて傘を差し上げ、ポーズとシンクロさせる「腰上げL→Hバランス→四つん這いからの片脚後方突き出し」の3連続コンビネーションが美しかった。

D上野綾さん(3rd)
黒基調の衣装×重たいリズムの楽曲で紡がれたハードな演目。黒のミニドレス→スカート部に青の差し色が入る別のミニドレス→下を脱いで乳房出しビスチェトップ&穴開き黒ストッキング姿に転じ、ここからたっぷり二曲分の時間を使ったエアリアル・リングへ。両手でぶら下がっての高速回転‥から開いた両脚でホールドして頭を下にする変則Y字バランス‥そしてリング内で卍を描くポーズ等、バリエーションに富んだ超絶技巧の雨あられ。地上に下りてからも全身を使って激しく演じるダンス〜ポーズベッドで存分に魅せつける等、終始途切れない演目の疾走感に圧倒される。

E水元ゆうなさん(3rd)
白地に赤のロングドレス&肩に羽織ったフリンジ付き‥キャメル色のスカーフでフォークロア風の装い→これを脱いでえんじ色のロングキャミソール&黒シースルーのトップス→ベッド入りは下半身にオレンジシースルーの布を巻いたシンプルな姿で‥という構成。ここまでを全編インスト曲のみで繋ぎ、美しい肢体を伸びやかに魅せるポーズベッドでは女性ボーカルをフィーチャーしてエレガントに仕上げた、東洋の綺麗なお姉さん=水元ゆうなの「大人感」あふれるステージ。

@宮野ゆかなさん(4th)
黒×ブルーでワンショルダーのフリフリドレス‥からメタリックブルーラメのトップス&ショートパンツ姿に転じ、黒×ピンクで凝ったデザインのロングドレスでデベソにin→ベッドショーへ。グラマラスなボディをオーソドックスな演出でしっかりと魅せつけ、4頭良香盤の先陣を切る。

[HOME] 投稿日 5月5日(日)06時35分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190329 (timeline)(2/2)

D榎本らんさん(3rd)
前回でのミカドでも見た、パールピンクのフェミニンなロングドレス→前身頃にくしゅくしゅフリルをあしらった背中出しミニドレス→白のネグリジェドレス&アンブレラ‥と変遷する演目。キレイで可愛いRCをたっぷり堪能できる。

E水咲カレンさん(3rd)
コルセット風のタイトなボディ&ふんわりスカートのロングドレスで艶やかに始まり、途中‥カウボーイハットを被ってロデオガールに。踊りながら少しずつ脱衣してアメリカ国旗柄のビキニトップ&マイクロミニパンツ姿に転じ、この後秘唇を撫で廻すオナB‥からポーズベッドへと展開してフィニッシュ!明るく楽しくセクシーな、彼女らしさ全開のステージ。

@葵マコさん(4th)
少女の胸に抱えられていた大粒の種子が、やがて芽吹き、延び広がって大地を覆い、するすると伸びた蔓の先が太陽を目指す‥といった、まるでジブリ映画のワンシーンの様な情景が立ち上がってくるファンタジックな演目。これを僅かな舞台装置と一人の演者によるパントマイム、シンプルな照明と音楽で表現しようとした「エロくない」ストリップの意欲作。

B京はるなさん(4th)
宅急便の段ボールで慌ただしく荷造りしている最中、ふと手にした男物のTシャツをブリキ缶の汚れ物入れにポイッ!→勢い良く蓋を閉めてまた荷造りに戻る‥のかと思いきや、再び取り出してクンクンしたり、身に着けてみたり。更には興が乗ってきてハードな指入れオナBに耽ってみたり‥と、同棲中の彼氏に愛想を尽かせて出て行く筈がふとした弾みにエロスイッチが入ってしまう。揺れる乙女ゴコロをビビッドに描いた秀作。

D榎本らんさん(4th)
薔薇のモチーフ?黒ベースに赤い柄が散る前ショート&後ろロング丈のドレスでスタートするクールで格好いい演目。曲終わりの拍手がためらわれる程の緊張感と、その反動で巻き起こるステージラストでの万雷の拍手、そしていつもの?爆笑ポラタイムの三連コンボで見ている側の「感情の振られ幅」が凄い(笑)。やるなァ、RC(^^)。

[HOME] 投稿日 4月21日(日)05時45分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190329 (timeline)(1/2)

E水咲カレンさん(2nd)(4th)
昭和の歌姫三人の代表曲メドレーに乗せてオレンジレッドのフリフリロングドレス→黒シースルーで丈の短い着物ドレス→黒ベースに明るい柄入りの襦袢‥という流れ。しどけなく肩を晒し、ずり落ちそうな衿を手で押さえつつデベソにin→ベッドショーへ。不倫がモチーフの男性ボーカル曲に乗せてオナB→ポーズベッドに至る王道的展開のステージを手堅く纏めている。

@葵マコさん(3rd)
ほぼユーミンづくしのセットリスト。メタリックレッドのベビードール風ミニドレス→グリーンのアクセントを効かせたオーシャンブルーメタリックのセパレーツ→袖の椅子に掛けてあった白のネグリジェドレスを万歳の体勢からストン‥と落として身に纏い、ベッドショーへ。蒲鉾型のレトロなトランクから取り出したディルドゥは透明でフォルムもつるんとしたティアドロップ型。擬似オーラル〜挿入の流れであってもエロくなく、彼女の丁寧な所作とも相まって、寧ろ清冽な印象を醸し出している。

A雪咲ほのかさん(3rd)(4th)
黒のタイトなミニドレスの上に半身を覆うグリーンの着物姿で本舞台スタート→グリーンの着物を脱いで日本刀を振りかざして剣舞→ブルー系で丈の短い着物ドレスでベッドショー‥という構成。片手片膝をついた体勢からもう一方の脚を後方に蹴り出し、直角に膝を折る「卍型の決めポーズ」が美しかった。

B京はるなさん(3rd)
白地に赤×黒の和装ドレスでメリハリの効いたダンスパート‥からこれを脱いで黒シースルー&フリル使いの下着姿に転じ、デベソで被り客二人にパンティ両サイドの紐を解かせてベッドショーへ。黒光りするディルドゥを使ってのベッドはマコさんのそれとは違って濃厚でひたすらエロく、更に続く締めのダンスでは荘厳な楽曲に乗せてスケールの大きな舞いを披露するなど盛りだくさん。エロティック・エンターテイナー=京はるなの魅力が大爆発していた。

CKAERAさん(3rd)(4th)
マリーゴールド色のロングドレス→ホワイトイエローのゆるふわドレス→ピンクシースルーのネグリジェドレス‥と変遷する衣装の中にあって唯一変わらない肘〜手首を結ぶピンクシースルーの布を縦横無尽に振り廻す「翻し系?」の演目。横たわる体勢から立ち上がってネグリジェドレスを揺らすラストでは、ドレスの裾に指を通して翻す為の輪が予め設えてあるなど中々芸が細かい。

[HOME] 投稿日 4月19日(金)11時10分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190110 (timeline)(2/2)

D松本ななさん(2nd)(4th)
超絶アイドル×ハードダンスなメドレーで、この日一番の盛り上がり。ダンスのキレ、パワー共に文句なしで、場内を完全に掌握していた。けれど四回目はトリのお姐さんがお勉強に来ていた為か「ちょっぴり緊張したぁ」との事。ふんわりトークのポラタイムも楽しげで、何気に好印象(^^)。

上野綾さん(2nd)(3rd)(4th)
黒×ピンクのゴスロリ風?ニッカポッカースタイルでスタートするハードダンスな演目。途中、暗転からのサイリウム二本使いで激しく舞う。(新作なのかな?)手拍子隊に休む暇を与えないハイスパートな選曲で、綾さん曰く「初日からの成長を楽しむ」演目だそう。週始めにも見ておきたかったなぁ(T_T)。

@榎本らんさん(3rd)
お嬢様風の可愛らしい衣装でシンプルに魅せる演目。カワイイのには異論なし!だけど、それ以上に‥とにかく綺麗だった。
「うれC、たのC」だけじゃない、大人のRC。

Bさくらさん(3rd)
途中、白×黒のサンバコスで踊る所が超可愛かった。オデコ出しも良いですね。癒されます(^^)。

[HOME] 投稿日 4月12日(金)09時35分 投稿者 くるりん   削除


池袋ミカド劇場 20190110 (timeline)(1/2)

Cいちるさん(1st)(2nd)(3rd)(4th)
朱色の大傘→朱色渦巻き柄の傘をひとつ→途中から二つ→からのピンク花柄の大傘という流れ‥だったろうか。舞いに絡めて使う和傘をその後床に据えて舞台装置的に魅せる演目を披露。加えて扇子も二つ使いと華やかで、ミニマムだけど色白ムッチリ系のナイスバディと、あどけなくもキリリと引き締まった表情で目を惹く。

D松本ななさん(1st)(3rd)
♪レーザービーム‥な曲から女性ボーカルの J-POPを三曲連ね、メタリックなウィッグ&トップス&ミニスカート→これを脱いでシルバーパープル→シャンパンゴールドの衣装→ロングキャミソール姿でのベッドショーへ。ポーズ冒頭、右手を差し上げてL→四つん這いから右手を差し上げつつ片脚後方突き出し‥の流れが美しかった。

E上野綾さん(1st)
メタリックカラーのボブウィッグ×和テイストの衣装で扇子をかざして艶やかに舞い、この後黒エナメルのブラ&マイクロミニパンツ→黒のTバック&カップレスブラに転じ‥ベッドショーへ。途中、一瞬の不意を突く「でんぐり返し」からの三点倒立→浮かせた脚を切り返して魅せる様々なバリエーションなど、瞬発力と身体の柔軟性が織り成すポーズベッドが、とにかく素晴らしかった。

@榎本らんさん(2nd)(4th)
ピンクの振袖つきキャミソールロングドレス→パールホワイトでワンショルダーのミニドレス→本舞台左の椅子に掛けてあったパールピンクラメのスカートをショールの様に掲げ、それを穿いてデベソにin→ベッドショーへ。「カワイイ」よりも「キレイ」に寄せた、オトナRCな好演目。

A虹歩さん(2nd)(3rd)(4th)
Iラインで黒×グリーン基調のミニドレスでスタートし、途中、振袖等を取り払ってアクティブに舞う。この後右半身がシースルー×レース仕立ての襦袢に着替え、ベッドショーへ。掲げた腕〜指先を燻らせながらのポーズが優美だった。

Bさくらさん(2nd)(4th)
白っぽい和テイストのドレス→チャイナ風のミニドレス&ファンベール→襦袢に着替えてベッドショー‥という構成。演目が進むにつれ「あどけなさ」に艶っぽさが加わり、しっとりした女性ボーカル曲でのベッドでは、キャラに合わない?大人な感じのステージに息を呑む。

[HOME] 投稿日 4月11日(木)05時55分 投稿者 くるりん   削除


★ 01/21〜31

1.山口桃華
2.浅葱アゲハ
3.KAERA
4.悠木美雪
5.神坂ひなの デビューウィーク
6.目黒あいら

行ってきました。27日の3回目を見てきましたが、なにげに良香盤でした。
山口桃華さんのファイヤーウーマンで盛り上がって、目黒あいらさんの洗練されたステージで締まる楽しい時間でした。
新人の神坂ひなのさんも初々しいながらベットでは感情のこもった良い表情をみせてくれました。

[HOME] 投稿日 1月28日(日)23時30分 投稿者 忘れやすい人   削除


池袋ミカド 20170922 (3rd)(4th)stage -outline- (3/3)

[愛野いづみさん]
(4th)聞き覚えのある「あのメロディ」が流れ始めると‥椅子に横座りし、浮かせた両脚を揺らめかせつつ上体を燻らせる官能的なシルエットで、しどけなさの権化「エマニエル愛野」のステージが幕を開ける。白のシンプルなノースリーブドレス‥から黒のブラトップ&ガーターベルト&赤レースのパンティ姿に転じ、更に椅子に座り直し脚を組み変えながら黒のニーハイ・ストッキングを身に着ける等、徐々にテンションを上げてゆくと、遂にはしどけなく床に横たわって悩ましく身体を押し付けたり、アンニュイな表情で髪をかき上げたり、とろんとした瞳で客席を舐める様に見渡したり‥と「本家」エマニエル夫人もかくや‥なエロティックな展開で魅せる。演目を離れると純朴でお人好し‥な印象の彼女が見せる、真逆のキャラクター。ある種「憑依的」なステージが興味深い。

[上野綾さん]
(3rd)ノースリーブにジャケット風の襟が付いた黒いミニドレスで始まるステージは「WANTED」と大書されたお尋ね者を探すポスターやステージに敷かれた大振りなクッション、後方に吊るされたエアリアル・フープの内側に描かれた大きな顔‥と、目鼻をくり抜かれたワル〜イ表情が印象的な「ハロウィン風」かぼちゃのモチーフが頻出するファンタジックなもの。また、ステージ後半ではメタリックカラーのウサギちゃんコスで水晶の塊?を口から出したり、斜め掛けしたポシェットからも取り出してみたり、ポシェットのファスナーを全開にしてひっくり返し‥ステージに撒き散らしてみたり。更にはグーパンチ o(`へ')○☆!でフープ内側のかぼちゃフェイスを撃ち抜いてからのエアリアルで魅せたり、と疾走感あふれる展開が楽しい。ポップでキッチュな世界観に忍ばせた「毒」が絶妙に効いている「上野綾のひとりアミューズメントパーク」的な好演目。
(4th)レッド×ブルー‥和洋折衷で重たげなドレスを脱ぎ去ってブラック基調のシンプルなミニドレス→左袖にドレスを投げ入れて代わりにピックアップしたホワイトシースルー×柄の衣装に転じるこの演目は、音圧の高いハードな楽曲でのハイパフォーマンスが何とも素晴らしい。また、写真タイムではシリアスなステージ本編からは想像がつかない気さくで楽しいお姐さんに変貌するのだけれど、これがまた可愛い。この日は強まる雨足に「帰るのヤダ〜」なんて言っていた様な気がする(笑)

[HOME] 投稿日 10月25日(水)04時50分 投稿者 くるりん   削除


削除キー 新着順 1 - 10
最大記録件数 50

■削除は、[削除]欄をチェックして、投稿時に設定した削除キーをすぐ上の欄に入力してボタンを押します.
■削除キーが合致しない記事は削除されません.

MiniBBS v8.2 is Free.

Modified by SWEET.