浅草ロック座  [過去の書き込み]

投稿者   メール
題 名
内 容 自動スペース&自動改行 入力した通りに表示
   
リンク

[利用の手引きを読む]    削除キー (記事削除時に使用)

書き込む前に必ず[利用の手引き]を読んで書き込み内容を確認して下さい。
■投稿時には記事削除時に使う削除キー(パスワード)を設定して下さい。記事の削除方法はこのページの一番下をご覧下さい。

    
  [HOME]                                               [HOME]

6/30

2018年6月30日(土)浅草Rに行って「Steps On Broadway(以下SOB)1」の楽日を見てきました。
ブロードウェイ・ミュージカルをテーマにそれぞれの踊り子さんがその人にしかない魅力をを存分に発揮、これぞ浅草Rといった観がありました。女性客も多
く、毎回満席で最終回では何十人も立ち見が出て、大入袋が配られたそうです。以下簡単に。

 コーラスラインの「○ne」が流れ、「本日は…」と真白希実さんの声で開演のアナウンス。そして始まります。

1景 大見はるか「Kinky Boots」(倒産しかけた靴工場を奇抜なアイデアで再建する物語)
靴音が響き、カーテンが開くと大見さんバックダンサーたちを従え赤い衣裳で劇中の ドラァグクイーン(drag
queen=女装芸人。drug=薬とは関係なし)になりきって強気のダンス。さっそく飛ばしています。

2景 みおり舞「Cats」(日本では劇団四季が公演。都会のゴミ捨て場に集まった猫たちの物語)
「ラプソディー・イン・ブルー」がアンニュイに流れ、白いドレスに猫耳のみおりさん(ヴィクトリア)登場。続いて黒いタキシードに猫耳の真白さん(ミス
トフェリーズ)出てきて息の合ったデュエットに。みおりさんが片足連続回転(フェッテ)を魅せると後ろで真白さんが側転を決めたり、などなど。
後半はみおりさん1人でシースルーの白い猫衣裳で、猫の喜び悲しみそして希望を舞台からはみ出さんばかりにダンスで表現していきます。もう猫になりきっ
てバレエシューズの裏が肉球に見えてきました。なお「Cats」といえば「メモリー」がつきものですが、それは使わずガーシュインで通していて、それが
この演目に絶妙に合っていました。

3景 鶴見つばさ「Little Shop of
Horrors」(ドジな花屋の店員が新種を作って恋人の名にちなんでオードリー2と名付けて育てたら食人植物になってしまった、というB級ホラー)
群舞からスタート。そのあと鶴見さん赤い髪に緑の衣裳という強烈な色彩でオードリー2のダンス。しかし優しい笑顔で観客と一緒になって手拍子したりオタ
芸したり。この人はお客の心をつかむのが上手いですね。スリムで長身、きれいなパイ○ン。

4景 友坂麗「Cabaret」(ライザ・ミネリ主演の映画でも有名です)
最初みおり舞さんコミカルな男装で出てきて劇中歌「ウィルコ○ン」をドイツ語で歌います。舞台はナチスが台頭する1930年頃のベルリンのキャバレー。
ちょっと頽廃的な雰囲気です。少しして主役の友坂さん椅子に腰掛け強気に登場。やはり目力があります。後半は友坂さん1人でダンス。赤いドレスに黒いス
トッキングが白い肌に映えます(ナチスの旗の色にしたのは強烈な皮肉か)。切れの良い動きと、決めのポーズ。しびれますね。

ここで10分間の休憩。この間スクリーンに明日からの出演者の紹介と、今回の演目のまたヘタウマ解説(笑)

後半になります。
5景 川菜ひかる「Sister Act」(歌手デロリスと修道女たちが巻き起こすハートウォーミングな物語。邦題「天使にラブ・ソングを」)
最初川菜さん鈴木さん大見さんの3人、銀色の修道女の衣裳でかわいくダンス。そのあと川菜さんが残って、讃美歌がきよらかに流れる中、天上から降り注
ぐ、少しエメラルドな青い光の中で、白い衣裳で静かに踊る姿は、聖母マリア様みたいで、見ていて心が洗われるようでした。 

6景 鈴木ミント「Evita」(マドンナ主演の映画でも有名ですね。貧しい家に生まれ才気と美貌でのし上がり大統領夫人になって権力を奮い33歳の若
さで死去したアルゼンチンのエビータことエヴァ・ペロン(1919〜1952)の波瀾の生涯)
幕が開くと若い女性がなにか思案しています。どのコートを着ようかどの帽子をかぶろうか、と。夢見る少女。
時は流れ、大統領夫人エビータの登場です。白いドレスで様々な思いをこめてベッドショー。そして「アルゼンチンよ、私のために泣かな○で」が流れる中、
赤いバラを1本持って誇り高く踊ります。

7景 真白希実「Chicago」(これも映画になり、リチャード・ギアが敏腕弁護士の役で出演。禁酒法時代のシカゴではスキャンダルや犯罪・裁判さえ
もエンターテイメントと思われていた。そんな時代背景の下、ダンサー志望のロキシーとライバルのヴェルマの女性2人を中心とする大人たちの、ダーティー
でセクシーでスリリングな物語)
最初は真白さんみおりさんとダンサーさんたちの群舞。そのあと真白さんが残ってダンス。黒いドレスなのでこれはヴェルマの方かしら。シックで大人の雰囲
気で、はっとする美しさ。ミロのビーナスみたいに見えてきました。

8景(バックダンサー4人を含む11人)全員集合。お揃いの金色のシルクハットに金色の燕尾服にハイレグで、定番「Si○g Sing
Sing」で乗りよくダンス、そして鈴木さんのMCだったかしら、メンバー紹介。盛り上がって拍手のうちにカーテンが閉まります。

最終回ではこのあと拍手なりやまず、そのまま手拍子になって、再びカーテンが開いて、踊り子の皆さん順にマイクを持ってスピーチ。
大見さん「男性の役で高いヒールをはいたのでふるえました」
みおり舞さん「広い舞台でクラシックで踊ってみたかったので嬉しいです」
川菜さんは感涙にむせて言葉にならないようでしたが、いざ話すとよくしゃべって自分のブログの宣伝も(笑)。などなど。
そのあと真白さんの音頭で恒例の3本〆。拍手のうちにお開きになりました。(22:55)

なおこの「SOB」は7月1〜20日、メンバーが少し入れ替わって「2(セカンド)」として再スタート。これも必見ですね。

[HOME] 投稿日 7月6日(金)11時52分 投稿者 見物人   削除


レポね

下書きは出来たからまとめ直したら上げるよー。

[HOME] 投稿日 6月30日(土)17時24分 投稿者 すてはん   削除


おっとっと

うっかりブラウザの戻るを使ったら再投稿されてしまっただよー。
すみません、もう一回見に行ったらちゃんとしたの上げますだー。

[HOME] 投稿日 5月27日(日)06時43分 投稿者 すてはん   削除


浅草で不思議の国のアリスだよ

匿名になったつもりでレポでもしてみむとす。

今までも何度かアリスモチーフの単独景とか全体の半分がアリス景とかあったけど、正面切ってタイトルから不思議の国のアリスを謳うのはなかった気がする。あったかもしんないけど。
個人的にはけっこう前から待ち望んでたテーマでした。
いつかやんないかなーって。
ついにこの時が来たなと。

で、とある平日の三回目から五回目までを拝見。


(敬称略)
一景 武藤つぐみ
本舞台にスポットが差すと白ジャケットで男装に決めた武藤氏が照らし出される。

[HOME] 投稿日 5月27日(日)06時41分 投稿者 すてはん   削除


4/30

2018年4月30日(月)浅草Rに行って「BRAVI! 2nd
season」の楽日4回目・5回目を見てきました。歌劇をリスペクトしたもので、各景がそれぞれのオペラのスピリットをよく生かしていたと、オペラ音
痴の私も思います。なおイタリアではBravo!は男性歌手へ、Brava!は女性歌手へ、Bravi!は複数の歌手への喝采なのだそうです。以下簡単
に。

喜歌劇「こうもり」序曲が流れ、伊沢千夏さんの声で開演のアナウンス。そして始まります。
1景「ラ・ボエーム」19世紀末のパリを舞台にした若き芸術家たちの青春模様。幕が開くと、まず舞台がすてきですね。カフェに集う男女のお客たち。ロー
トレックの絵のような世界で。やがてミミ役の清水愛(まな)さんのダンスになっていきます。可憐に、時にアンニュイに。
2景「マノン・レスコー」ファム・ファタール〜男の運命を狂わす魔性の女〜の物語。香山蘭さんここは1人で演じます。金髪(似合っている!)で椅子に
座ってスタート。マリリン・モンローやエマニエル夫人みたいに。そして妖艶にセクシーにダンス、ベッドショー。蘭さんはまり役ですね。ちなみに私は、
ファム・ファタールと言われる人は、本当は悪女ではなく人一倍ピュアなだけなんだと思っています。
3景「魔笛」モーツァルト最後のオペラです。夜の女王の倖田李梨さん、3人の娘(侍女?)を従えていますが、一人なかなか言う事をきかない子がいて手を
焼いています。後半は「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」のアリアをバックに母娘の激しい愛憎をポーズベッドで演じていきます。悪役というより彼女
こそ主役ですね。5回目(最終回)では倖田さん「絶叫して地獄に堕ち」ますが、その悲しみ、孤独が痛いほど伝わってきます。 
4景「サロメ」新約聖書に登場する、踊りの褒美に洗礼者ヨハネの首を所望したという女の物語。ニナガワマクベスではないですが、舞台を昔の日本に移した
ような、和風の衣裳で巫女的な踊り。解説を聞かないと「サロメ」だとわからないほどですが、小野今日子さん1人でミステリアスに演じ切っていました。
<10分休憩>
この間、映像で次週の出演者の紹介。その後これも映像で今回の作品のヘタウマな解説。

後半になります。
5景「アイーダ」古代エジプトを舞台に、恋と国家の板挟みになった男女の悲恋。ヴェルディの名作です。踊り子さんたち黒いツンブラで奴隷のように両手に
鎖をつけて群舞。やがてアイーダの星崎琴音さんのダンスになりますが、エチオピア王女アイーダの苦悩をよく表していました。それにしても琴音さんなかな
か美巨乳ですね。(^^)
6景「蝶々夫人」おなじみ日本の長崎を舞台とした物語です。
ALLIY(ありー)さん白いパラソルに振り袖で登場、健気にかわいく踊ります。以下ずっと1人で演じます。後半「逢いたくて○ま」に乗ってポーズベッ
ド。歌詞が蝶々夫人の気持ちとピタリと一致して、時代が変わっても女心は同じかと、泣けます。
「蝶々夫人」なら「ある晴れた日に」が来るのが普通ですが、あえてそれを使わず現代曲をメインに構成したことによって
現代人の心にもすーっと入ってくる気がします。最終回では踊っているALLIYさんの目にも涙が。    
7景「トゥーランドット」
同じくプッチーニの東洋趣味のオペラから、中国を舞台とした物語。
家来を従えたトゥーランドット(杜蘭朶)姫(伊沢千夏さん)〜絶世の美女だが自分に求婚する男には難問を与え、解けない者は容赦なく殺すという冷酷な
姫〜誇り高く登場。後半は水色のベッド着で優雅に出てくると(2006年トリノ五輪で荒川選手が使って優勝した)「誰も寝てはならぬ」でベッドショー。
しだいに人間らしく、おだやかな表情に。そして光の中、サンサーンスの「白鳥」のコーラスが流れ、あたたかく感動的に盛り上がりました。

いったん幕が閉まって、
再び幕が開くと踊り子7人ダンサー4人が全員そろって笑顔で元気一杯フレンチ・カンカン。手拍子・歓声。そしてALLIYさんの司会でメンバー紹介にな
ります。拍手のうちに終わると客席あちこちからブラーヴィ!の声が。
最終回では拍手鳴り止まず、やがて手拍子に。少しして
再び幕があいて踊り子さん順にご挨拶。そのあと3本〆で盛り上がって終わりました。以上記憶不正確です m(_ _)m

[HOME] 投稿日 5月5日(土)10時28分 投稿者 見物人   削除


1/31

2018年1月31日(水)浅草ロック座に行って1月公演「華」(雅麗華さん構成・演出)
の楽日を見てきました。正月興行ということで皆さん和ものでしたが、文字通り華麗で〜古典芸能や映画・ドラマ・漫画など
のパロディーをちりばめた〜笑いと感動の楽しいステージでした。以下簡単に。

幕が開く南まゆさん、みおり舞さん、武藤つぐみさんの3人によるめでたい三番叟。白拍子を思わせるような優雅な舞いでした。
そして始まります。
1景 浜野蘭さん。羽織袴で槍と朱塗りの大盃をもって登場。黒田節のイメージですね。バックダンサーさんたちも同じく武士の装い。
そのあと浜野さんソロでりりしくダンス。
2景 早瀬ありすさん。沙羅さんと2人で可愛く登場。なぜか黒子がでてきて細長い棒の先につけた蝶々をヒラヒラ。ストーリ性があり
そうです。ネット情報によると「契情倭荘子」(けいせいやまとそうし)という人形浄瑠璃に基づくのだとか。後半ありすさんソロで踊りますが、踊りになる
と急に大人の雰囲気に。
3景 武藤つぐみさん。スクリーンに「北斎漫画」が映され、その前で編笠をかぶって雀躍り。後半はキツネのお面をつけて高い天井から下がった赤いシルク
を使ってアクロバチックなエアリアル。驚異の身体能力です。場内から感嘆の声。
4景 赤西涼さん。町娘の姿で笑顔で登場。両手に赤い布、白の布のついた扇子をもって煽ぐように踊ります。バックに、纏(まとい)や鳶口(とびぐち)を
持った火消したち。半鐘の音。と来ればこれは八百屋お七ですね。火消しの中に現代の消防士がまざっているのはご愛嬌。と思っていたら、ご愛嬌はこれだけ
ではなかった。舞台にリモコン操作の模型の消防車がやってきて放水。たまたま下手かぶりつきの席にいた私はしっかりかけられました。よく見たら、「放水
注意」の貼り紙が(笑)
5景 全員集合。連獅子の後、花笠踊り、エイサー、どじょうすくい、阿波踊りなど全国各地からの踊りでにぎやかに1幕フィナーレ。

休憩時間になります。
この間、舞台に明日からの出演者たちの映像が映されます。そのあと落語「長屋の花見」の音声が流れ、それに合わせた踊り子さんたちの再現映像。酒だと
思ったらお茶…というおなじみのお噺ですが、踊り子さんたちの名演(?)で大いに笑わせてくれました。

2幕になります。
6景 沙羅さん。奥女中姿で登場。ただならぬ気配。どうやら大奥最大のスキャンダル江島生島事件のようです。生島新五郎役は浜野さん。バックダンサーさ
んたちも奥女中の衣裳で、絢爛豪華で怖い大奥の人間模様をドラマチックに。
7景 みおり舞さん。一転して静寂。おさえた照明。その中を白い着物をまとって、しずかに歌いながら花道をやってきます。神秘的。 水を打ったような場
内にかすかな歌声だけが響きます。「…夢こそあはれなれ」。深い憂いか、諦観か。
ご本人のツイッターによると「曾根崎心中」(お初・徳兵衛)なのだそうです。そして暗転。ここで着物を脱ぎ捨て金モールみたいなごく簡単な衣裳で斬新か
つアグレッシブなダンス。お初の言葉にならない思いを表したのか。創造なのか破壊なのか、わからないけど凄い。客席からブラボー!の声が。
8景 南まゆさん。赤い和傘で背中で垂らした帯、舞妓さんですね。はんなりした笑顔。バックダンサーさんたちも同様の衣裳で和傘を持って踊っています。
いろはカルタじゃないけれど、ラストは京で上り、ということでしょうか。
9景 全員集合。坂本○美の「アジアの○賊」が流れ、皆さん大漁旗を掲げて乗り乗りのダンス。そのあと武藤さんマイクでメンバー紹介。そして声をそろえ
て「お江戸浅草ロック座一味とは おれらのことだー!」と気勢を上げます。拍手のうちに幕。
最終回ではこのあと拍手なりやまず、それが手拍子になっていきます。
再び幕が開いて、ここで踊り子さん全員順にごあいさつ。なぜか武藤さんだけは英語で。
そんなふうにして和やかにお開きになりました。以上、当方の記憶不正確ですm(_ _)m

[HOME] 投稿日 2月5日(月)12時16分 投稿者 見物人   削除


藤月ちはるさん

昨日のFantasia 2nd ステージ千秋楽をもって、
藤月ちはるさんが引退されましたね。

いつと一生懸命、素晴らしい舞台を演じてこられ、またキュートな笑顔には癒されました。

浅草ロック座の出演記録を更新しました。

http://wwr2.ucom.ne.jp/internet/tim/chiharu.htm

[HOME] 投稿日 12月31日(日)21時33分 投稿者 Tim   削除


2011年8月浅草回想

世界一周と言えば、このときの公演が思い出される。

1景 月川ひとみ 砂漠の民から華やかなショーダンスに展開
2景 MIKA ソロでトロピカルダンス(翌年は同じ曲で群舞)
3景 杏野るり エアリアルティシューでアラビアン バックは灘ジュンと松嶋れいなの豪華版
4景 松嶋れいな アフリカン(アマゾネスという人もいる) 赤い布を使ったマサイ風群舞
5景 小嶋実花(浅草初乗り) 密林の怪しげな儀式からパリのバレエに展開
6景 沙羅 アニマル柄の衣装だったか、コンテンポラリージャズダンス バックはMIKAと月川ひとみ 沙羅さんには珍しいシャープな景
7景 灘ジュン 狐の嫁入り

このときの公演は数枚の縦長の鏡を各景ごとに変えて配置する演出で、1景では凹面鏡のように置いて主役が踊る姿が色々な角度で見え、7景では鏡の間を縫うように狐の行列が行進するというように、シンプルながら効果的な演出がされていた。

メンバー・演出ともに自分の中で5本の指に入る公演なのだが、最近の浅草はこのレベルの公演をやっているのだろうか?

[HOME] 投稿日 8月15日(火)13時48分 投稿者 5086番目の私もスケベ   削除


8/10

2017年8月10日(木)「浅草ロック座70周年記念公演 EARTH  
BEAT」の前半(7/21〜8/10)の楽日を見てきました。フライヤーに「Tribute  to Chieko  
Saito」あることから、今年4月に亡くなった浅草ロック座名誉会長の斎藤智恵子さんの追悼の意味も込められているようです。本来ならちゃんとした人
が書くべきなのですが、誰も書いていないので、やむをえず、ちゃんとしていないレポを載せます。(^^;

劇場に着いたのは6時半ころ。階段にはそれぞれの踊り子さんへ贈られた花がいっぱい。場内に入るとほぼ満席で立ち見も大勢。何とか座れました。ステージ
は3回目の途中のようです。このあと私は4回目ラストまで見ました。以下、簡単に。

1景。大見はるかさん。9人で登場、さっそく華やかに盛り上がります。群舞のあと大見さんが残って可愛いくダンス。アメリカかフランスだったかしら。
2景。武藤つぐみさん。最初からソロだったと思います。讃美歌のような合唱が流れる中、白い衣裳でくるくる回転するところが印象的。精霊と感応する聖母
マリアみたいに見えました。とするとイスラエル?
3景。広瀬奈々美さん。沙羅さんと2人、カウボーイハットで登場。そのあと広瀬さんが残って長身を生かしたダンス。もちろんアメリカですね。
4景。みおり舞さん。武藤さん雅さんと3人でエキゾチックにインド舞踊。そのあと、みおり舞さんが残って、シヴァ神の踊りのような、あるいは興福寺の阿
修羅像のような舞い。極楽浄土をかいま見たようで、思わず涙。
5景。沙羅さん。5人白いアラビアンな衣裳で出てきてダンス。そのあと沙羅さんが残って踊ります。立ち上がりは「サラバンド」で感動的に。
 <ここで10分休憩>
6景。雅麗華さん。4人が登場、ラテンの乗りで明るくダンス。そこへ銀色の和服姿の雅さん笑顔で登場、ラテンと違和感なく踊ります。そのあと扇子を2本
出して本格日舞。そのあと着物を少し脱ぎますが、特別出演ということでブラはつけたままなのが残念(^^; でしたが切れの良い動きは現役時代と変わり
ませんね。花束など差し入れする人がおおぜい。
7景。早瀬ありすさん。5人で登場、トロピカルな衣裳でダンス。そのあと早瀬さんが残って、ハワイのフラにも通じるような踊り。動きのそれぞれに〜波と
か太陽とか愛とか〜意味があるそうですが。
8景。藤咲茉莉花さん。雅さんと2人で登場。豹柄の映像の中でアフリカのジャングルを思わせるような出だし。そのあと藤咲さんが残って「ライオン○ン
グ」でスケール大きく展開。
9景。藤月ちはるさん。一人で登場。「カリンカ」だったかしら、ロシア民謡に乗ってロシア娘の衣裳でかわいく踊ります。
なんだか、なつかしいような。
10景。真白希実さん。7人くらいで登場。まわりの6人が一定のリズムで手拍子。それに合わせて真紅のドレスの真白さんが独特の緊張感で踊ります。なる
ほどこの場面では観客は手拍子禁止と言う意味が分かりました。そのあと真白さんが残ってフラメンコ。オーレ!
いったん暗転。そしてフィナーレ。皆さんそれぞれの踊りの時の衣裳で登場。ダンスによる世界一周ですね。拍手。
なお4回目ではフィナーレの幕が閉じた後、拍手なりやまず、再び幕が開いて出演者が順にご挨拶。
中には感極まって泣きだす人も。暖かい拍手。
また中には冗談か何か言った人がいましたが、場内ぽかん。「わー誰も笑ってくれない」ここでやっと拍手・笑い。
みんなでフォローし合う暖かい雰囲気でした。
そんなふうにして和やかにお開きになりました。なおこの「70周年記念公演」明日から出演者が少し入れ替わって後半(8/11〜8/31)こちらも楽し
そうです。

[HOME] 投稿日 8月11日(金)16時26分 投稿者 見物人   削除


「秘すれば花」中休憩ムービー

どうせネタをやるのなら、気持ち良く笑わせて欲しかった。
「笑わせる」と「嘲笑される」はイコールではない、と思う。

[HOME] 投稿日 5月18日(木)21時40分 投稿者 私もスケベ   削除


削除キー 新着順 1 - 10
最大記録件数 100

■削除は、[削除]欄をチェックして、投稿時に設定した削除キーをすぐ上の欄に入力してボタンを押します.
■削除キーが合致しない記事は削除されません.

MiniBBS v8.2 is Free.

Modified by SWEET.